最後にもう一度 ④

  • Day:2013.03.02 21:48
  • Cat:京阪
DSC_8097_3505k.jpg
と、このようなポスターも掲示されてしまいました。
自分はといえば4年前?にこの車両を初めて撮影していました。
その時は京阪自体が初めての機会であり、すべてが新鮮に思ったものです。
その後、徐々に知識が増えていき、この旧3000系の車両というものに対して
「いい車両である」という感情が沸き上がってきて、一層撮影欲が大きくなりました。

このような時期になり、車両の別れとはなりますが、自分はこの車両だけで
京阪が好きになったのではないです。もちろん居なくなっても撮影には行きます
その中で、また新しい何かを京阪電車から感じれたらと思います。

最後に。電車はお客さんを運ぶために生まれて来ました
走り終えるまでこの旧3000系が、その使命を全う出来る事を願っています。
此処から先は読みたい人だけ...
最終日、運が無い、運が無いと今までの記事でさんざん言ってきましたが
かなりです(笑)

1日目の森小路
2日目のWBC
3日目の朝の西三荘
これで、運が尽きるという...
こんな結果にはなったものの、悔いはないのです。
運がつきたというより、燃え尽きた?(笑)

3日目の朝は脱力してましたからね

では、そんな4日目の写真を御覧ください...

DSC_8055_3505k.jpg
お客さんは仕方がない。それでいて構図もおかしいですが

DSC_8067a_3505k.jpg
1、2両目曇り

DSC_8080_3505k.jpg
7、8両目晴れ

DSC_8089_3505k.jpg
後ろ曇り

実に京阪らしいという写真なのかなと今では思ったり(強がり?)
1枚目はそんなに気になってないからいいかな。車両は写ってるし
でも、最後の1枚で晴れた鳩マークが晴れてくれてよかったかな

DSC_8089cut.jpg
シンボルと言われますが、自分は京阪特急の心臓だと思ってます。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。