御殿場線研究?

なぜ御殿場線があそこを走れるか・・・
答え フィリピン海プレートと北アメリカプレートの境目だから・・・
簡単ですねぇ、とかそんな問題ではなく・・・これによってどういうことが起こるかについて
プレートの境目ということは断層があるということです。有名な国府津-神縄断層帯ですね。
ちなみにこの断層帯、海まで伸びていて相模トラフとつながっているという見解が示されています。
この断層帯、すべて一度に活動するとM7.5クラスで最大震度7の大磯型(と呼ばれるらしい)が起こるようです。
みなさん、国府津を出たところで、いきなり丘に囲まれた所から平地になりますよね?
これの丘は断層によって隆起してきた丘なのです。つまり今まで何回も地震が起こっているということ
ちなみにこの地震平均1000年周期で活動しているとのことですが、話によりますと2300年ほど活動していないようです。
つまり巨大なエネルギーがたまっているのではないのか?ということ
これだけ活動しないと死断層なんじゃねぇの?とか思いたくなりますが(←個人的に思った自分、つまり素人の甘い考え)
活断層は
「新生代第四紀後期以降に地震を起こし、今後も活動を継続すると考えられる断層を、特に活断層と呼ぶ」by うぃきぺでぃあ
らしいので、活断層と呼ばれるみたいですね。
そしてテツに帰ってよく考えてみた・・・横コツ壊滅!?・・・
もしも地震が起きた場合の話です。実はA級なので確立は高いですが。
そして、東海道線のレールも断絶!?これは断層付近で土地が3mほど隆起すると考えられているためです。
御殿場線は知らんよ葛西社長の領土だもん
まぁつまり小田急も秦野だか、伊勢原だか本厚木だかで折り返し運転を余儀なくされるのです。
東海道線は、国府津の状態がいいなら国府津、悪かったら平塚、それより悪かったら藤沢(無理やり茅ヶ崎!?出来ない訳じゃない)
箱根なんて温泉があちらこちらで噴き出すでしょうね、旅館のパイプがぶっ壊れて。
ちなみにこの断層相模トラフの地震と連動制を持っているそうです。
相模トラフの地震、つまり関東地震(関東大震災)となる訳ですが、起こってから80年以上経ってるんですよね・・・
話だと長野まで震度5強だそうで・・・自分の住んでる平塚は震度6強っぽいです。
あ、ちなみにSouth-Ashigara Cityに住んでるA氏へ・・・
君のとこ震度7みたいだから。

図書室で読んでまとめてみた簡単な地震予知法
・犬がしきりに遠吠えしたら地震
・カラスが集団でどっかいったり、ギャーとか鳴いたら地震
・夜に閃光がみえたら地震
・テレビが最大音量で勝手についたら地震
・その他動物に落ち着きが無かったらry

あ、ちなみにここらへんで巨大地震があればフッジサンは噴火するみたいですので

参考資料
「活断層」@図書室
「地震予知について」@図書室
地震前の動物の異常行動(だかそんな内容の本)@図書室
平塚博物館のHP
大井町のHP
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。